Exhibition: April 7 2017

 
きこえないおと
 
5年ぶりに「きこえないおと」展を実施します。

椎木静寧キュレーション展「きこえないおと|Inaudible Sound」
“Inaudible Sound” curated by Shizune Shiigi


Artists: 
角田俊也 Toshiya Tsunoda
松井茂 Shigeru Matsui
森弘治 Hiroharu Mori


Exhibition Period: 
2017年4月15日(土) – 5月14日(日)
11:00-19:00 月・火・祝日 休廊
April 15 (Sat) – May 14 (Sun), 2017 
11:00-19:00 Closed on Monday, Tuesday, Holidays


Machinery Support: 
ARTISTS’ GUILD


Reception for the Artists: 
2017年4月15日(土), 18:00-20:00
April 15 (Sat), 2017. 18:00-20:00
*展覧会の性質上、オープニングレセプションの混雑時(15日18時〜20時)には、作品の
音声が聞き取りにくい場合がありますので、18時以前のご鑑賞をおすすめいたします。


Venue: 
タリオンギャラリー|TALION GALLERY
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 B1F
B1F 2-2-1, Mejiro, Toshima-ku, Tokyo 171-0031, Japan
Tel/Fax +(0)81-3-5927-9858
E-Mail info@taliongallery.com
URL http://taliongallery.com 
Gallery Information http://taliongallery.com/jp/information/


Curator’s Statement: 
2年前だったろうか。ギャラリーから2回目の「きこえないおと」実施のオーダーを頂いた。
しかし私自身がこの展覧会を再び立ち上げる動機がまったく思いあたらず、生返事のまま
しばらく時を過ごしていた。
数ヶ月後、さてやってみようかと思ったところ、ある事情で流れてしまい、やはりやらない
でおいた方が良いのかも知れない、と一旦結論づけていた。が、ひょんなことから実施の
判断に至る。
理由はひと言ですませられないので全容は割愛いたすが、ひとつとして、前回展からずっと
“きこえない” まま私の脳裏を漂い続ける“おと”の今を確認する作業/作用そのものは有意義
であるに違いないと考えたからだった。
早くも5年が経つ。今回展を経たとしても “おと” は無音のままに過ぎゆくだろうけれども、
知覚を研ぎ澄ますには良いタイミングなのではなかろうか。

椎木静寧
 


 
 

Posted in: Curation, Exhibition, Sound by shiigishizune

Exhibition: August 24 2015

 
ふれるめ
 
グループ展に参加します。

ふれるめ|Sight Touching
2015年9月6日(日) – 10月4日(日)
11:00-19:00 月・火・祝日 休廊
September 6 (Sun) – October 4 (Sun), 2015 
11:00-19:00 Closed on Monday, Tuesday, Holidays
Press Release (496KB) http://taliongallery.com/jp/press/31Furerume.pdf 

TALION GALLERY
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 B1F
B1F 2-2-1, Mejiro, Toshima-ku, Tokyo 171-0031, Japan
Tel/Fax +(0)81-3-5927-9858
E-Mail info@taliongallery.com
URL http://taliongallery.com 
Gallery Information http://taliongallery.com/jp/information/

当初は私で企画するというお話だったのですが、なかなか煮詰めることができず、ギャラリー
からの提案で私も出品者になりました。そのため、私は準企画者としてささやかに全体を眺め
つつも、基本的にはいち出品者の立場にとどめています。

展覧会名の「ふれるめ」は私が当初から考えていたものがそのまま残りました。
ステートメントにもあるように、“視覚芸術の作家にとって至極普通な感性の動きを言葉にした
もの” ということで企画冒頭に他の作家さんへ投げかけ、でも “至極普通” であるゆえに、いつ
も通りの作品制作をして頂いています。会場構成もギャラリーと各作家さんに委ねるつもりで
いまして、むしろ、作家さんとギャラリーとがどの様に仕上げるかという、その展開を楽しみ
にしています。

とはいえ、プレスリリースにはギャラリーと並んで “企画(者)” と表記されていますので、
「ふれるめ」について、出品作のことを通して補足します。

ここ近年、心身に負荷の多い私を気遣って幾人かの知人から散歩を勧められいました。不健康
であることで行動に悪循環をもたらすことは自分でも分かってはいましたけれど、生活リズム
を習慣化することが昔からどうも苦手で、フリーランスの生活に移ったことでより不摂生が増
してしまっていました。
いよいよこのままではどうかと思った今年の春から、気分転換と眼の疲労回復を兼ねて、住ま
いのすぐ近くにある旧鎌倉街道(三貫清水緑地)を数分から数十分歩くようになりました。
なかなか毎日とはいかないですが、なかば義務的に自分へ課しています。

私は普段カメラを持ち歩きません。というと厳密でなく、カメラという認識をあまりしないで
すむ携帯(電話)でのみ日常的に写真を撮っています。8×10でもコンデジでもない、とても気
楽な、日記に近いものです。もちろん職業柄からくる衝動であるかとも思いますが、でも作品
未満であることが常に担保されているので、ほとんどがいわゆる “つぶやき” であって、日々の
愉しみのひとつになっています。
で、散歩の折も同じように携帯で写真を撮っています。

散歩をすると、通りがかりで散歩する人と遭ったり、話しかけられたりすることが苦手で、立
ち止まるとそうなってしまいそうで、大概そそくさとコースを廻って帰ってきてしまいます。
たまに人が多かったりすると、以降、散歩コースから気持ちが遠退いてしまうので、徐々に携
帯で景観の変化を記録するようになり、“そこ” へ行くことの理由にしました。この理由なくば、
“そこ” 以外に散歩できる場所が近くになく、おのずと散歩ができなくなってしまいます。迷わ
ずすぐ行ける距離にあることが、もともとの目的である散歩を持続可能にするのです。

景色が好きとかそういうものがない、たまたま、なんでもない、もっと別の目的のための場所
を、結果的に日々観察し記録し続けています。

あ、近作についての話をするんでしたっけ。んん。。
つまり “そこ” へ通い始めた頃にフィルムで撮ったものがあり、その中から3点を出品するので
すが、これもたまたまの衝動でフィルムが残っているうちに撮っておいたもので、その以降は
金欠で撮っておらず、携帯で撮った宙ぶらりんな画像ばかりが蓄積している状態です。
出品する3点と散歩との関連性は同じ場所であることぐらいで、やはり作品化という過程では
何か違う意識が干渉します。それはそれで技術的にやむを得ないことなのですが、でも、出来
事と作品化との関係についてはブラックボックスのままでありたいと思います。

あ、「ふれるめ」の補足をするんでしたっけ。んん。。
 


 
 

Posted in: Exhibition by shiigishizune

Exhibition & Book: April 4 2013

 
明るい部屋

3年ぶりに個展を開きます。
藝大の常勤助手に就任して1年後の2006年に8×10カメラでの写真制作を本格的に始めて以来、
節目節目で自宅を撮ったシリーズ《明るい部屋》の新作を発表します。
《明るい部屋》は、個展としては初めての発表になります。
併せて5年ぶりに冊子も刊行します。《明るい部屋》を考える切っ掛けとなった美術評論家、
栃木県立美術館の山本和弘さんに論考を寄せて頂きました。
これまでの写真作品を総括できるような、記念の展示になればと鋭意準備しております。
自然光が特徴のギャラリー空間ですので、できれば日のあるうちにお越し下さい。
どうぞ宜しくお願いいたします。
 
– 
明るい部屋 椎木静寧
Akarui Heya (Light Room) Shiigi Shizune 
 
2013年4月11日(木) – 28日(日)
13:00-18:00 月・火・水 休廊
April 11 (Thu) – 28 (Sun), 2013 
13:00-18:00 Closed on Monday, Tuesday, Wednesday
DM (598KB) http://shiigishizune.com/media/document/Akarui_Heya-DM.pdf 
 
gallery 21yo-j 
〒158-0082 東京都世田谷区等々力6-24-11
6-24-11, Todoroki, Setagaya-ku, Tokyo 158-0082, Japan 
Tel +(0)81-3-3703-7498 Fax +(0)81-3-3701-9977
E-Mail info@gallery21yo-j.com
URL http://gallery21yo-j.com 
Map http://gallery21yo-j.com/access/
 


にじのうみ Sea of Rainbow 2010 
 
– 
「恍惚」という言葉がある。
私がストレート・フォトを制作し始めた最初のカットが《明るい部屋》だった。その一年後、
私はこの作品に以下の文章を添えた。

明るい部屋
この部屋は、まばゆい光に満ちている。窓の光が、戸外と、部屋と、そして私との関わりを断
絶しない。この部屋が、明るい部屋へと変化するその経過とともに、私は、この景色が幸せそ
のものだと気づくことができる。私は、間違いなく幸せに満ちている。

これを書いて以降の私は、光と対峙することについて、光によってもたらされる“像”について、
そして最終的には自邸を見渡す行為において「恍惚」が存在するという前提を背負うことにな
った。さて時を経て、今の私は幸せに満ちているだろうか。間違いなかったのだろうか。 ──
あえて再びに記してみる。私は、間違いなく幸せに満ちている、と。

椎木静寧
 

*本展にあわせて作品集を刊行いたします
 
 
 
明るい部屋 椎木静寧 | Shiigi Shizune: Akarui Heya (Light Room)
2013年4月11日発売
A5判変型 28頁 カラー 250部
価格:¥1,200-(税込み)
テキスト:山本和弘(国際美術評論家連盟aica会員)
編集・デザイン:椎木静寧
発行・協力:gallery21yo-j
 
New Publication:
‘Shiigi Shizune: Akarui Heya (Light Room)’ 
Release at April 11, 2013
Format: Irregular A5 size, 24 pages, Color, 250 copies
Price: ¥1,200- tax included
Text: Yamamoto Kazuhiro (A Member of International Association of Art Critics Japanese Section)
Edit & Design: Shiigi Shizune
Publish & Support : gallery 21yo-j
 

http://gallery21yo-j.com/shiigi_shizune-13/
 
 

Posted in: Book, Exhibition by shiigishizune