Monologue: July 30 2012

 
郷里を望む
 
先日、1日間だけ(厳密には12時間だけ)故郷の山口へ行ってきました。
滞在はわずかでしたが、しばらくぶりに姉と沢山の話をすることができました。
郷里とは様々な出来事が重なり、随分と翻弄されましたが、
一昨年の父の死を経て、それらがようやく“まっさら”になったように思います。
墓参りの折、高台から郷里を一望しながら、小さい頃に父と見た眺めを
今にゆっくりとなぞってみました。

爽と鬱。克服することの難しさ。
 


 
 

Posted in: Monologue by shiigishizune

Monologue: July 9 2012

 
3/2 5/29 10/25
 
7/24からgalley21yo-jで始まる「高井史子展」の隣で開かれる9作家の小品展に出します。
私は小さい写真作品を1点だけ出す予定です。
http://gallery21yo-j.com

2年前、GR DIGITALで撮った写真。
父の葬儀を終えた翌日、晩年の父が菊を育てていた畑へ行き、その痕跡を10枚ほど撮りました。
中でもこのカットが気に入っています。
道具が入ったプレハブ倉庫の扉に3つの日付が書かれたメモがありました。
何のための日付か解らないのですが、3/2は30年前に亡くなった母と妹の命日です。
偶然だったのでしょうか。

母は分娩中に心臓が停止し、急遽帝王切開で赤子を救出したのですが、
やはり赤子もその日の深夜に亡くなりました。

昨年、「きこえないおと」で私が演奏するつもりだった《3/2 5/29 10/25》という作品は、
このメモの日付からきています。
震災の最中に制作していたので、正直、この演奏には準備が足りませんでした。
つまりは未完です。
あらためてこの音楽を制作しようとは思いませんが、
なんとなく、今回写真作品として遺すことにしました。

私は生まれた時から音楽のある環境に育ちました。
父も母も姉も音楽家。
楽器に馴染まなかった私だけ美術に進みましたが、恐らく聴覚は良い方なのだと思います。
私が“おと”に興味がある理由は、この生い立ちからきています。

この写真を眺めていると、“きこえないおと”が脳内を廻るのです。
http://shiigishizune.com/photography/3-08/
 


 
 

Posted in: Monologue by shiigishizune